読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

あなた自身が限界を作っている事実とは

 あなたは行動する前からできないと思わないことです。

 

 なぜならば、あなたが行動する前からできないことを前提に質問する

ことでできないようにする答えしか出てこないからです。

 

 しかし残念なことに多くのお店はそのことに気がついていません。

f:id:shinjikotani:20151111074540j:plain

  例えば飲食店を考えてみましょう!

 

 あなたは店長です。

 

 あなたは開店から閉店まで仕事をしています。

 

 しかしあなたはある日、もう一人開店時間からできる人はいないかと

思いました。

 

 なぜならば、あなたがどうしても外せない用事が入った時に開店時間

を遅らせることができないからです。

 

 しかしあなたはあなたに質問する時に「開店時間からできる人いない

よな?」って言葉を発しました。

 

 その結果、あなたの脳はあなた以外に開店時間からできる方法を考えず

にできないことの理由を出します。

  そのことであなたは何も解決できずに、問題解決を先延ばしにします。

 

 しかし一方、あなたが「どうすれば私以外に開店時間から出れるようにでき

るだろうか?」とあなたに質問したどうでしょうか。

 

 あなたの脳は懸命にあなた以外の人でできる方法を考えます。

 

 「新しい人を2人募集する予定があるからのその人たちに行ってもらうこと

はできないだろうか?」

 

などです。

 

 そのことによって、あなたは問題を先送りせずに解決できます。

 

 ・できないことを前提に質問している場合→できない理由が帰ってきます。

 

 ・できることを前提に質している場合→できる方法が帰ってきます。

 

 もしあなたが行動を行う前からできないと決めつけている場合には、

今すぐにどうすればできるかと質問方法を変えるべきです。

 

 追伸

↓↓↓あなたが質問に質を上げ、実現したいことがある場合にはこの本を

読むことがオススメです。

アンソニー・ロビンズの運命を動かす (単行本)

中古価格
¥197から
(2015/11/11 07:44時点)