小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

串家物語に行き感じたこととは

 あなたは店内の状況を常に把握しておくべきです。

 

 なぜならば、あなたが店内の状況を把握することでお客様の満足も上がるように

できるからです。

 

 しかし残念なことに多くのお店はそのことに気がついていません。

f:id:shinjikotani:20151214092707j:plain

  例えば飲食店を考えてみましょう。

 

 私は昨日さいたま新都心駅にあるcocoon2にある串家物語に行きました。

 

 串家物語は比較的他のお客様の待ちも少なかったので、串家物語で食べることに

しました。

 

 店内に入る前の待ちの時にはレジ横にある紙に名前、人数を書くことになっていました。

 

 しかしレジ横にある紙に名前、人数を書こうと思いましたが、店員もおらず、

ボールペンがなく、書けませんでした。

 

 少しすると私たちより後に待っているお客様が1組来ました。

 

 そしてそのお客様も紙に氏名、人数を書くことに気がつき、書こうと思いましたが、ボールペンがありませんでした。

 

 しかしその時、偶然に店員が近寄ってきて紙に名前、人数を書くことができました。

  いざ、店員が待っているお客様を案内する時になった時に事件は起きました。

 

 店員は何とレジ横の紙に書くボールペンがなく、氏名、人数を書くことができなかった私たちより後に来たお客様を優先し店内に案内しました。

 

 私たちはその瞬間、「もう二度このお店には来ない」と決めました。

 

 なぜならば、店員がボールペンがなかったことに気がついたのにもかかわらず、

氏名、人数を書けなかったお客様がいなかったかを確認せずに、実際の順番と

違った順番で案内していたからです。

 

 またレジの時にも車で来店しているお客様が駐車券のことを言わなければ、

店員は駐車券のことを聞かずにお客様を返していました。

 

 しかし一方、店員がボールペンがなかったことに気がつき、お客様に実際に待って

いる順番を教えて頂き、その通りにお客様を案内したら、どうでしょうか。

  お客様はお店に入る前に「二度この店には来ない」と決めません。

 

 ・店内の状況を把握していない場合→あなたのお店はお客様が去っていきます。

 

 ・店内の状況を把握している場合→あなたはお客様の満足をより上げることが

できます。

 

 もしあなたが店内の状況を把握せずにその場凌ぎで対応している場合には、

今すぐに店内の状況を把握しお客様に誠実に対応すべきです。