小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

私がツイッターをやっていることを伝えなくても見つけて貰えた理由とは

 あなたはあなたのお客様がいる媒体に力を入れることです。

 

 なぜならば、あなたがお客様がいる媒体に力を入れることで

お客様があなたのことを見つけてくれるからです。

 

 しかし残念なことに多くのお店はそのことに気がついていません。

f:id:shinjikotani:20151215082435j:plain

  例えば昨日私が体験したことを考えてみましょう。

 

 私は昨日、久しぶりに以前よく行っていた焼き肉屋に行きました。

 

 私が店内に入るやいないや店員さんが「お久しぶりです」と言って

きました。

 

 そして私が席に着いた時に店員さんが「私の友達がお客様のツイッター

アカウントを教えてくれましたよ。ツイッターやっていたんですね」と

言ってきました。

 

 私は焼き肉屋の店員さんにツイッターをやっていることを一言も

話したことはありません。

 

 そこで私はどうして焼き肉屋の店員さんが私のツイッターアカウントを

見つけることができたのかを考えました。

  あなたは先、店員さんの友達が店員さんに教えたからと考えていますよね。

 

 それではどうして店員さんの友達が私のツイッターを見つけることができた

のでしょうか。

 

 その理由は私がこの3ヶ月間、他のソーシャルメディアではなくツイッター

力を入れているからです。

 

 私がツイッターで行っていることは

・1日5回はブログのシェアを含めて投稿する

 

・気になったら投稿はリツイートする

 

・私が心から良いと思ったグループのイベントを応援する投稿をする

 

ツイッター投稿のエンゲージを確認し、どの投稿が反応が良かったか

確認

 

していました。

  今、ツイッター広告を使っているお店もありますが、私はツイッター

広告をするよりも人の手で行った方が良いと考えているので、ツイッター

広告は使っていません。

 

 あなたはどんな風にツイッターを使っていますか。

 

 あなたは毎回ツイッターで投稿するのが面倒だからという理由で

自動投稿ツールツイ助けのみの投稿に頼って、リアルタイムの投稿、

あなたが手を動かす投稿を怠けていませんか。

 

 あなたの投稿のエンゲージはどうですか。

 

 何人投稿を見て何人がクリックしていますか。

 

 あなたがツイ助けで投稿した時とリアルタイムの投稿した時のどちら

がエンゲージが良いですか。

 

 あなたがリアルタイムの投稿した時です。

 

 もしあなたが特定の媒体に力を入れていない場合には、今直ぐにお客様

がいる媒体で力を入れるべきです。

 

 追伸

 ↓↓↓私がよく利用している焼き肉屋さんはご馳走特急便です。

r.gnavi.co.jp