読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

朝起きたらツイッター社にツイッターアカウントをロックされていた事実とは

 私は朝から貴重な体験をしました。

 

 それはツイッター社によってツイッターアカウントがロックされていたことです。

 

 私はツイッターアカウントがロックされている理由に心当たりは

ありませんでしたが、私がツイッターに投稿したツイートのリーチ

を見るとロックされる前兆はあったように思えます。

f:id:shinjikotani:20151219103212j:plain

  ツイッターアカウントがロックされる前兆とは何でしょうか。

 

 それはツイッターに投稿したツイートのリーチ数が極端に減ること

です。

 

 リーチ数が1/6になるような状態です。

 

 私は今回ツイッター社からツイッターアカウントのロックをされる

以前に、ツイートのリーチ数が極端に減ったことに気がつき、投稿

方法を変更しました。

 

 具体的に

・リンク付きにツイート数を減らす

 

・ツイ助のようなツールを使わないようにする

 

です。

 

 しかし私はここ数日間、ブログをツイッターに投稿することが

比較的多かったので、リンク付きツイートがツイッター社には

スパムを囚われたのかもしれません。

  なぜならば、ツイッター社はユーザーが全てをツイッターの中で完結

することを望んでいるのではないかと考えることができるからです。

 

 話を戻しますが、ツイッター社がツイッターアカウントをロックする

原因にはいくつかあるようです。

 

 しかしその中であなたも気がつかないうちにやりがちなのは

・リンク付き投稿が多い

 

・特定アカウントに向けの投稿が多い

 

です。

 

 リンク付き投稿についてはブログをツイッターに拡散する回数を減らせば良い

だけです。

 

 特定アカウントに向けの投稿が多いことの例は

挨拶しまくっていることです。

 

 これはソーシャルメディアの影響力」という外国の著書にも書いてありました

が、仲間うちで何も目的にしに挨拶しまくっているだけでは、ただスパムとして

捉えられるだけです。

 

 つまり、ツイッターにおいてもFacebookと同じように挨拶回りをしていると

突然、ツイッター社からツイッターアカウントがロックされ使えなくなります。

 

 私はツイッター社にツイッターを使っているiPhoneの電話番号を教えたことで

ツイッターアカウントのロックはすぐに解除されました。

 

 もしあなたがツイッターで特定アカウントに挨拶回りをしている場合には、

今すぐに挨拶回りをやめるべきです。