読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

あなたは広告のテストをし今の広告を使っていますか

 あなたはインターネットでの広告に頼っていませんか。

 

 あなたがインターネットの広告しか使っていない理由があなたのお客様に

リーチするのがインターネットの方が良いのであれば、問題ありません。

 

 しかしあなたが何となくインターネットの広告しか使っていない場合には

今すぐにインターネットの広告以外にチラシも始め、どちらが反応率が良い

か計測すべきです。

 

 あなたはインターネット広告とチラシの両方を行い、反応率を計測しないと

いけないのはわかっているけど、面倒だと感じていますよね。

f:id:shinjikotani:20151222081027j:plain

  あなたが特に面倒だと感じているのはチラシ作成、チラシ配布です。

 

 あなたがどうしてチラシ作成、チラシ配布が面倒と感じているのでしょうか。

 

 その理由はあなたがチラシのゲラ、印刷、ポスティングをしないといけない

からです。

 

 しかもあなたが一人でビジネスをしている場合には、他にあなたが当てるべき

ことを行う時間を割いてです。

 

 しかし、あなたがチラシのゲラ、印刷、ポスティングをしないで済むことが

できたら、どうですか。

 

 勿論、まる投げはせずにあなたがチラシのゲラを確認しポスティングの状況も

把握することが前提です。

 

 あなたはインターネット広告以外にチラシを行おうと思います。

 

 なぜならば、あなたはチラシのゲラチェック、ポスティングの状況確認、

反応率を計測するだけで良いからです。

  あなたがインターネット広告とチラシ広告を両方を同時に行い、反応率を見て、

片方がの反応率がたった1回だけ悪いからと言って、反応率が悪い広告をやめる

べきではありません。

 

 なぜならば、あなたが考えたキャッチコピー、デザインなどに問題があり、

キャッチコピー、デザインを変更した途端に反応率が5倍以上になるからです。

 

 あなたは「インターネット広告、チラシ広告の両方をずっとはできないよ」と

思っていますよね。

 

 私もあなたが完全できることを全て行っても広告の反応率が悪い場合には、その

広告を続けるようには言いません。

 

 最低でも3ヶ月はインターネット広告、チラシ広告の両方を使うべきです。

 

 なぜならば、そのことであなたのお客様がどちらの広告に反応するのかが

はっきりとわかるからです。

 

 残念なことに多くのお店はここまで我慢できずに、ろくにテストもしないで

当てずっぽのマーケティングをしています。

 

 あなたが確実に売り上げを上げたい場合には、最低3ヶ月は我慢しテスト

してください。

 

 追伸

 ↓↓↓チラシのゲラ作成からポスティングまで行っている会社はこちらです!