読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

あなたがお客様にどうして気になったのか伝えるべき理由とは

 私は昨日アメブロユーザーから私のアメブロに向けてメッセージを

頂きました。

 

 メブロユーザーからのメッセージを開けてみると

「素晴らしい仕事をしていますね。読者登録させて頂きました。

また来ますね」

と書いてありました。

 

 私はこのメッセージを見た時に、そのユーザーに対し

Facebookの挨拶おじさん、おばさんと同じことをされている

と感じました。

f:id:shinjikotani:20151223101053j:plain

  簡単に話すと

あなたのブログに読者登録してあげた(Facebookでいう友達に

なった)んだから、

 

あなたが私のブログに来る(Facebookでいう投稿にいいね!しろ)

ということです。

 

 そして良ければ私に仕事をくださいということです。

 

 私はこんな人には仕事を頼まないと決めているので、残念な人

だと思いました。

 

 なぜならば、某テレビ局の「なんでも鑑定団」であれば、

「いい仕事していますね」でいいかもしれませんが、

私が扱っているのは「なんでも鑑定団」に出品するものでは

ないからです。

 

 またそのユーザーが私のビジネスのどこが良いビジネスだと

思ったのかを説明していなかったからです。

  しかし、ユーザーが私にメッセージを送ってきた時に

「私のビジネスのどこに惹かれたのか」を書いていた場合

には、少しずつコミュニケーションを取っていきました。

 

 なぜならば、ユーザーが私と本気で向き合おうと思って

いることが伝わるからです。

 

 もしあなたが機械的にメッセージを送っている場合には今すぐ

に個別にメッセージを考え送るべきです。