読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

あなたは長期的に調べ続けられる記事を書くべき理由とは

ブログを書く理由 ブログ収益化 マーケティング ジェイ・エイブラハム お客様と信頼関係を構築する お客様に見つけてもらう

 あなたは長期的にインターネットで検索され続ける記事を書くことです。

 

 なぜならば、あなたが長期的にインターネットで検索される続ける記事を書くことで

あなたお客様の悩みを解決し続けることができるからです。

 

 しかし残念なことに多くのお店はそのことに気がついていません。

f:id:shinjikotani:20151231065718j:plain

  例えば医者を考えてみましょう。

 

 あなたは少し熱っぽいと感じていました。

 

 あなたは風邪とは少し違う気がしたので、心配になるインターネットで

あなたの症状を検索しました。

 

 あなたは検索結果、上位1位から3位の記事を読み、あなたの症状について

詳しく書いてある記事を見つけました。

 

 あなたの症状について詳しく書いてある記事を読み、あなたは安心しました

が、念のためにその記事を書いている医者にかかることにしました。

 

 なぜならば、記事を書いていた医者があなたが今まさに心配していたことを

和らげ、あなたは記事を書いていた医者のことを信頼し始めているからです。

  しかし一方、医者が書いている記事を常に現在流行っている病気について

の記事のみだったら、どうでしょうか。

 

 医者は折角ブログで記事を書いても短期的には患者に見つけて頂くことが

できますが、長期的にはまるっきりその記事を読まれることはなくなります。

 

 そのことで医者は常に流行っている病気を追い続け、記事を書き続けること

になります。

 

 ・短期的なアクセスにコミットしている場合→流行りの記事を追い続けることになります。

 

 ・長期的なアクセスにコミットしている場合→長い間記事は読まれ続け、お客様は

あなたの記事を1ページではなく複数ページ読み、あなたのお店に来店します。

 

 もしあなたが短期的なアクセスを集める記事ばかりを書いている場合、今すぐに

あなたが書いている記事がお客様に役になっているのか考えるべきです。