読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

道頓堀よ。泣かせてくれを観て考えたこととは

AKB48 NMB48 山本彩 マーケティング 卓越の戦略 メイベン ジェイ・エイブラハム

 私は昨日さいたま新都心駅にあるcocoonにおいて山本彩さん率いる

NMB48のドキュメンタリー映画「道頓堀よ。泣かせてくれ」を観ました。

 

 私はドキュメンタリー映画を観ている中で印象に残ったことがあります。

 

 私が印象に残ったことは山本彩さんの言葉です。

f:id:shinjikotani:20160207191003j:plain

  NMBはまだ全国的には知名度はない。私、山本彩が頑張り、全国的に

知って頂き、NMB48について発信し、知ってもらえるようにする」という

言葉です。

 

 あなたはこの山本彩さんの言葉の意味がわからないかもしません。

 

 つまり、山本彩さんは個人がもっと頑張り、グループの知名度を上げて

行こうということです。

 

 山本彩さんの発言はこれからの働き方にも言えることです。

  これまでは個人は企業に入っていれば、終身雇用によって守られ、仕事も

与えられていました。

 

 しかしこれからは個人は企業に入っただけでは、安泰ではない。

 

 個人が自分の力で仕事を取ってくる時代になっています。

 

 つまりただ与えられたことしかできない人、

 

 特別なスキル、価値を提供できない人は仕事を任されなくなる

ということです。

 

 あなたはそれではどうすればいいと思いますよね。

  それはあなたは日常生活の中で行動する時にただ漠然と

今までこうだったからこのやり方でやると思うのではなく、

もっと良い方法はないだろうか。

 

 あなたがもっと良い方法を見つけたならば、その方法を

試し、計測し、従来のやり方と比較することです。

 

 そのことであなたは新たな発見をし、あなたしか提供できない

サービスを見つけ出すことができます。

 

 ・あなたが考えずに行動している場合→あなたの仕事はなくなります。

 

 ・あなたが考えて行動している場合→あなたの仕事はなくなりません。

 

 もし、あなたが考えずに行動している場合、今すぐに考えて行動すること

です。 

 

追伸