読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

私が頼まれても話さなかったらこととは

 私は昨日クライアントから頼まれたことがあります。

 

 クライアントが私に頼んだことは「クライアントが勤務している店舗

の同僚があと3ヶ月で退職することになった。

 

 しかし同僚はまだ新しい仕事を見つけることができていないので、

今私に話してくれたことを同僚に話してもらえませんか。」という

内容でした。

f:id:shinjikotani:20160218111058j:plain

  私はクライアントが凄く優しく責任感が誰よりもあり誠実であること

を十分に知っています。

 

 しかし私はクライアントからの同僚に話して欲しいという依頼を

断りました。

 

 私がどうしてクライアントからの依頼を断ったのか。

 

 その理由はクライアントの話を聞いている限り、同僚が退職するまでに

1年間の猶予があり、退職を告げられるまでに何百回とチャンがあった

にも関わらず、より良いパフォーマンスをするように努めるでもなく、

人を陥れることばかりを考えていたことを知っていたからです。

 

 また私がクライアントに話したことをクライアントの同僚に話した話した

としても

「無料で良い話を聞いた」

 

「ねえ、私を雇ってくれない?」

 

と言ってくることが目に見えていたからです。

  あなたは私がクライアントに話した内容が気になりますよね。

 

 私がクライアントに話した内容は転職活動についてです。

 

 転職活動と聞くと一般的に行うことは

ハローワークで求人情報を見る

 

・インターネットで求人情報を見る

 

・新聞に掲載されている求人情報

 

・チラシの求人情報

 

を見てこれまでに経験したことを活かせる、働いて見たい企業に

応募します。

 

 そして企業と面接日程を決め、面接後2週間以内に採用の結果が

届きます。

 

 しかし私はクライアントからクライアントの同僚について相談された

時に、今までにやり方は伝えませんでした。

 

 なぜならば、クライアントの同僚も少なからず、求人情報を見て企業

に応募しているが採用されていないと考えたからです。

 

 また同僚は業界に30年も働いていたという経験もあり、未経験者と

同じ給料で雇われるよりも実績に応じて給料をもらった方が本人のため

になると考えたからです。

  私がクライアントに話したことは

・これまで仕事で経験し考えたこと、改善したこと、貢献したことを

ブログに投稿する

 

・プライベートなことでも仕事と関連付けできることがあれば、それ

についてもブログに投稿する

 

・ブログにこれまでに経験、希望する勤務地、勤務時間、勤務条件、

給料は完全成功報酬制であることを投稿する

 

Google広告を使って企業にブログを見てもらえるようにする

 

ということです。

 

 私がどうしてこんなことをクライアントに話したのか。

  それはクライアントも同僚は固定給を貰える状況で働くとまた

同じ理由で退職することになると考えたからです。

 

 他にも理由はあります。

 

 同僚が業務委託契約という形での雇用を希望していることで

企業もちょうど同僚が持っているスキルを探していた場合、

リスクはほとんどないので契約しても良いと考えるからです。

 

・これまで仕事で経験し考えたこと、改善したこと、貢献したことを

ブログに投稿する

→履歴書、職務経歴書では伝わらないことがより伝わり、ブログに投稿

することでインターネット内の検索にかかり目に止まりやすくなる。

 

・プライベートなことでも仕事と関連付けできることがあれば、それ

についてもブログに投稿する

→プライベートなことついても仕事と関連し話すことで、面接する前に

仕事についてどれだけのスキル、考えがあるか分かり、面接も通りやすく

なる。 

 

・ブログにこれまでに経験、希望する勤務地、勤務時間、勤務条件、

給料は完全成功報酬制であることを投稿する

→履歴書、職務経歴書を見なくても、企業がもし契約した場合に

どれだけ活躍してくれるか予想を立てることができ、勤務地、勤務

時間、勤務条件を投稿しておくことで、面接で勤務条件で落とされる

ことがなくなる。

 

Google広告を使って企業にブログを見てもらえるようにする

 →ブログを書いてもインターネット内の検索にかかるには投稿する記事

がたまらないと反映されにくいので、広告を使うことで目に止まりやすく

なる。

 Google広告は最低1000円からでき、クリックされた場合のみ課金

されるのでLTVを意識し広告に課金する。

 

 ここまで読んだあなたも気がついたと思いますが、企業に雇ってもらう

のではなく、同僚が個人事業主になり業務委託契約をし収入を得るという

ことです。

  業務委託契約であった場合であれば、A社から週1日、B社から週3日、

C社から週1日なら契約しても良いと言われた時に副業規定などを気にせず

に契約でき、仮に3社のうち1社から契約を切られても収入に困ることは

ありません。

 

 例えば、ウエイトレスだったら、

・呼び込みをして入店したお客様数に対する報酬

 

・担当したテーブルのお客様が注文した料理に対する報酬

 

などを考えることができます。

 

 完全成功報酬制であれば、あなたが頑張った分だけ報酬が

もらえますので、

「給料どろぼー」と言われることもありません。

 

「あんなに頑張ったににこれだけか」ということもありません。

 

 もしあなたが転職活動をしているけど中々内定をもらえない場合

には業務委託契約を考えるべきです。