読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

あなたに無関心だった人が急にあなたを批判を始める理由とは

 私は昨日、ある書籍のマンガ版を試しに購入し、読みました。

 

 私は特に悩んでいたわけではありません。

 

 しかし私はどんな本か読んでみたいと思い購入しました。

 

 私が購入した書籍はD・カネディー著の「道は開ける」です。

f:id:shinjikotani:20160320125733j:plain

  あなたはこんな経験をしたことはありませんか。

 

 あなたが行ったことに対し、今まであなたに無関心だった人が急にあなたを

批判をし始められた経験です。

 

 私もあなたと同じように3、4年前に無関心だった方に急にバッシングをされた

経験があります。

 

 私は経験したバッシングは私が写真ではなく動画を投稿したことについてのバッシングでした。

 

 どうして私がそのようば経験をしたのでしょうか。

  その理由は当時、現在のようにYouTuberという言葉もなく、自分が体験したことを

他人にシェアしたい時には写真を使うことが一般的でした。

 

 しかし私は写真では雰囲気が伝わらないと考えた結果、動画の方が雰囲気が伝わると

考え、動画を投稿しました。

 

 私が投稿した動画を見た知人から

「どうして写真ではないの?」

 

「もしかして写真が嫌いないの?」

 

「カメラを買うお金がないの?」

などと内容とはまるっきり関係ないことをバッシングをされました。

 

 私は当時、バッシングされたことに少し傷つき、以降しばらく動画を投稿することは

せず写真を投稿していました。

 

 しかし昨日、私が読んだD・カネディー著の「道は開ける」を読み、他人に批判されるということはそれだけ注目されていたことであったことを知りました。

 

 確かに2年前、当時私が投稿した動画について「話題になっていたよ」ということを教えてくれた知人がいました。

 

 もし、あなたが他人から批判され落ち込んでいる時には、落ち込む前に、

D・カネディー著の「道は開ける」を読むべきです。