読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

私が昨日オファーを断った理由とは

マーケティング お客様に伝える お客様に見つけてもらう LTV ジェイ・エイブラハム 卓越の戦略

 私は昨日、以前勤務していた会社から連絡が来ました。

 

 私は以前勤務していた会社から3、4年も経過した後に連絡が来たので、

最初は電話に出ませんでした。

 

 以前勤務していた会社は私の携帯電話に「以前●でご一緒したAです。

連絡を頂けると助かります」と留守電が入っていました。

f:id:shinjikotani:20160218111058j:plain

  私は電話ではなく、用件を教えて頂けるようにメールで送りました。

 

 連絡をして来た方は私にメールで「以前の社長はほぼ引退したので、

戻ってきてくれないか」という旨のメールを送ってきました。

 

 しかし私は連絡をして来たからのオファーを断りました。

 

 どうして私がオファーを断ったのか。

 

 その理由はどうして私に会社に戻って来てほしいのかを伝えずに

「今、こんなことをしているので、戻って来てくれないか。

以前の社長はほぼ引退している」ということしか書いてなかった

からです。

  仮に私がこれだけの情報で連絡をくれた方のオファーを承諾したら、

軽い人だ。自分の言うことを聞く人だ。と勘違いをされました。

 

 もし私に連絡して来た時にどうして私に戻って来てほしいのか

を話しをしてくれたら、私は少しは考えました。

 

 なぜならば、誰でも良い仕事を任せるのではなく、私にしかできない

仕事をさせるために会社に戻ってくるように話しているように聞こえる

からです。

 

 以前勤務していた会社の方はこの部分をもう少し考えてから連絡を

してくるべきだったのではないでしょうか。