読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

あなたが気がついていないだけでお客様の内心は煮えくりがっている事実とは

 私は先日、家族と回転寿しに行きました。

 

 私は回転寿しに行った時に感じたことがあります。

 

 私が回転寿しに行った時に感じたことはアルバイト店員の接客態度

の悪さでした。

f:id:shinjikotani:20160610070740j:plain

  具体的に話すと私たち家族が店内に入った時、店内は混んでいませんでした。

 

 店内には店員が案内しますので、お待ちくださいと書いてありました。

 

 私は店員が来るのを待っていました。

 

 しかし店員はいっこうに来ません。

 

 漸く店員が来たと思ったら、私たちに気がついていたにもかかわらず、

何も言わず気づかない振りをして去って行きました。

 

 よくその店員を見ていると、私は今日は案内係ではないので、案内

しなくて良いと感じているようでした。

 

 そして本来の案内係であるアルバイト店員が来ました。

 

 その時の第一声に私は耳を疑いました。

 

 アルバイト店員の第一声は「お待ちのお客様でしょうか」という

ものでした。

  私は「店員が案内するのでしばらくお持ちくださいと書いてあったから

待っているんだけどな。」と感じました。

 

 そのことは私たちが店内にいる間、ずっと起きていました。

 

 私は家族に「別にこの店でなくても良かったんだよ。ただ直ぐに食べたい

ので、この店にしただけで。また案内係をやっているなら、きちんと扉が開く

度に扉に行き、案内しないといけない」と話ました。

 

 あなたはどう感じますか。

 

 あなたももうこんなお店には行かないと感じますよね。

  私もそう感じました。

 

 しかしそれだけで終わらせてはいけません。

 

 今回私が体験したことはあなたのビジネスにも使えるからです。

 

 どういうことかというと、あなたがお客様の立場に立ち、

行動するということです。

 

 多くのお店はお客様に振り向いて欲しさに口先だけいいことを言い、

実際に行動が伴っていません。

 

 そうするとお客様はどう感じるのでしょうか。

 

 そう、もう二度とこんなお店には行かないと感じます。

 

 そのようなことを繰り返していると、どんなことが起きるのでしょうか。

 

 あなたは新規のお客様を追い続けることになり、また終いにはお客様が

あなたのお店に来店しなくなります。

 

 なぜなら、あなたがお客様との約束を無視し続けて行動しているからです。

 

 もしあなたがお客様に振り向いて欲しさに口先だけ達者なことを言っている

場合、今直ぐにお客様との約束を実行すべきです。

 

◆私のブログの更新情報を見逃したくないあなたはメルマガ登録して ください。

 メルマガ登録するには「メールアドレス」を入力し、「送信ボタンを 押す」だけです。

http://www.mag2.com/m/0001673716.html