読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小谷真士公式ブログ

学生時代稼業の役員(取締役・監査役)経験有。自分の感じたこと、考えたことを発信したくて始めたブログ歴は約7年。応援するためにブログを書くこともある。

私が映画「高台家の人々」を観て感じたこととは

マーケティング ジェイ・エイブラハム お客様と信頼関係を構築する お客様の立場に立つ さいたま新都心 レビュー 高台家の人々 綾瀬はるか 斎藤工

 私は昨日、JR線さいたま新都心駅コクーンにある映画館にて

高台家の人々」を観ました。

 

 私は映画「高台家の人々」を観て感じたことがあります。

 

 私が感じたことは信頼できる人の大切さです。

f:id:shinjikotani:20160606072215j:plain

  あなたはどうして信頼できる人の大切さ?と感じますよね。

 

 具体的に話をすると、ビジネスの話に当てはめると分かり

やすいです。

 

 あなたがデパートに行き、店内を歩いていると、店内が

あなたに話掛けてきました。

 

 「これを買ってみない?」と。

 

 あなたは店員があなたが欲しいものについて質問せずに、

「これを買ってみない?」と言ってきたので、商品を購入

しませんでした。

 

 その理由は、あなたは店員のことを信頼できなかったからです。

 

 店員があなたのために商品を勧めたのではなく、店員のために

商品を勧めたからです。

 

 しかし店員があなたのために商品を勧めてきたら、どうでしょうか。

  あなたは店員が言っていることを信じることができれば、商品を

購入します。

 

 なぜなら、店員があなたのために商品を勧めているからです。

 

 映画「高台家の人々」に出てくる斎藤工演じる主人公は人の心を

読み取る能力を持っているます。

 

 主人公はこれまで人のえげつない内心を読み取り、心から笑う

ことはありませんでした。

 

 しかし綾瀬はるか演じる主人公、妄想好きな女性に惹かれます。

 

 斎藤工演じる主人公が綾瀬はるか演じる主人公に惹かれた理由は

心が綺麗だと感じたからです。

 

 私はこのシーンを観た時に、特に人との信頼関係の大切さを

実感しました。

 

 もしあなたがあなたのために商品を販売している場合には、

今すぐにお客様のために商品を販売すべきです。

 

◆私のブログの更新情報を見逃したくないあなたはメルマガ登録して ください。

 メルマガ登録するには「メールアドレス」を入力し、「送信ボタンを 押す」だけです。

http://www.mag2.com/m/0001673716.html